ビジネス英会話

 

■英会話をするときの注意点

ビジネスの場では、様々な身分の方と会話を交わすことになります。
日本語でも言葉遣いに気をつけることは、少しむずかしい感じがありますよね。
英会話なら尚更気をつけないといけません。

例えば、sorryという単語がありますよね。
この言葉には「〜のことを申し訳なく思う」
と訳されることが多いと思います。
そのため、私たち日本人は”すみません”というときに
" I'm sorry."
と答えてしまう人が多いですよね。

ところで、" I'm sorry."という言葉って
「〜のことを気の毒に思う」という意味もありますね。
つまり、" I'm sorry."には自分が悲しい気持ちであること、
何か困ったことが起こったと思うという意思表示の言葉になるんです。

だから、 街なかで誰かとすれ違いざまにぶつかったり
電車の中で誰かとぶつかったりした時に、
" I'm sorry."とは言わずに、"Excuse me!"と答えるようにしましょう。

また、 "I'm sorry."だと謝りたいのか残念なのかよくわかりにくいです。
したがって仕事で大失敗など自分に非があって、誠意を込めて謝罪するときは
"I apologize."という言い方をするようにしましょう.

謝罪






Copyright(c)2012. 役に立つ All rights reserved