ビジネス英会話

 

■英会話を学ぶ!

企業のグローバル化によって
取引先との会議やプレゼンテーションなど
英語が必要な機会って結構多いですよね。

昇進や転職など、キャリアップをするためには
英会話ができるようになっておかないと
これからの社会では無理になっていくでしょう。
(キャリアップについて詳しくは→http://www.chicagocallig.com/

英会話をする力を身につけるために
具体的に何をすればいいのか・・・・?

○英会話をするには発音とリスニング力が必要
英語に慣れていない人が英会話をするとき、
相手が口にした言葉をひとつひとつ追いかけていこうとします。
その中で知っている単語が出てきたら、だいたい何を話しているのかわかりますが、
単語もわからず、言葉を追いかけていけなくなってしまうと
その時点で理解不能になります。

またリスニングをする上で気をつけておきたいのが、
発音の仕方です。

例えば、"put it out"という言葉がありますが、
「プット イット アウト」と発音せず
「プッティアウ」という感じになります。

他にも"Can I〜"という言い回しの時は
「キャン アイ〜」ではなく、「キャナイ〜」と発音します。

つまり、連続する最後の単語が子音で、
次に続く単語が母音(a, i, u, e, o,)の時には
合わせて発音するということです。

このほかにも発音の仕方に気をつけないといけないので、
様々な発音の仕方を学びましょう。

発音の仕方を知らない人は
リスニング力は伸びませんよ?



○ネイティブが使う英文を借りて使う
私たち日本人は
今日の晩御飯は何作ろうかな〜とか
この資料は何部刷らないといけないんだっけ?など
頭の中で考えるときは日本語で考えますよね。

そのため日本人が英語の文書、会話を作ろうとすると、
日本語で考えた文章を英語に無理やり変換しようとするので、
変な文法の英語になってしまい 相手に伝えたいことが
伝わらなくなってしまうんですよね。

英作文、英会話をするなら、
ネイティブが使う決まり文句をまず暗記して
使うようにしましょう。
(私たちの日本語だって、
親や兄弟などが話す言葉を覚えて使っているだけなんですよね。)


Copyright(c)2012. 役に立つ All rights reserved